「走るための身体の準備」=フィジカルコンディショニング & 走る身体と足のケア=「フットセラピー」


ABCRの公式Blog


2019年6月24日月曜日

ABCR Day Camp ! 2019 Summer


みなさま、ご無沙汰しております!




すっかり梅雨入りし、モチベーションが低下気味になるシーズンの到来ですね☔
 
雨でモチベーションが低下しているイッヌ)



 週末のイベントは開催できるのか、練習会は大丈夫か…、3種類の天気予報アプリを暇さえあればチェックしているフットセラピストなほこです。







そんな梅雨の真っただ中にもかかわらず、奇跡的に晴天に恵まれた6/16(日)






ABCRアスレティッククラブでは「Summer Day Camp!」を開催しました!
晴れ過ぎて暑いのなんの(笑)





これから本格的に暑い夏がやってきますが、長い距離を走ることが難しくなってきますよね💦

しかし、秋以降のレースに向け夏場の練習が大きなカギになってきます❕




そこで、「夏場の効率よい練習を考える」をテーマに




10種目のトレーニングを取り入れ、楽しみながら基礎体力向上を目指すことを目的とした「大人の体力測定」的な内容のDayCampを実施!




 ABCRアスレティッククラブの定期練習会で半年に一度「コントロールテスト」を行っておりますが、それのスペシャルバージョンです✨




そのスペシャルな内容とは…


①50m走
②立五段跳
③メディシンボール立ち投げ
④連続ジャンプ
⑤500mジャストタイム走
⑥反復横跳
⑦メディシンボールバック投げ
⑧手押し車30m
⑨50mバウンディング
⑩12分間走




聞きなれない種目もあるとか思いますが、市民ランナー向けにアレンジしたABCRオリジナル十種競技であります!


短距離系や瞬発系の動きが苦手・・・そんな長距離ランナーが多いため、実は当日までメニューを公表しておりませんでした(笑)


案の定、発表後ブーイングいただきましたけど(汗)






因みに私は学生時代、年に一度の体力測定が大好きでした♪

最も得意とする反復横跳びで、勢い余ってよろけてしまい微妙な結果に終わってしまった高3の春・・・それ以来20数年ぶり(笑)

運動会前のようなワクワク感と、衝撃の結果だったらどうしようという不安と緊張で眠れなかったのはここだけの話・・・






皆さん、数十年振りであろう50m走!
私も含め、 おそらく一番ドキドキしたやつです(笑)





 「昔はもっと風切って走れたのに」(50代男性)とか
  

「脚が全然回転しなかった」(50代女性)とか


「50m長い」・・・(50代女性)とか


「高校生の自分に負けた…」(40代女性Nスタッフ) とか


「かろうじて〇〇ちゃんに勝った!」(30代男性Sトレーナーなど



そりゃあもう皆さん色々感想を述べておりました(笑)





 さすがは800m専門現役大学生Mちゃんの走りっぷり✨
 何をやっても「おぉ~!」と歓声が上がっておりました(笑)



この日は「みんなにたくさん褒めてもらって嬉しかった」そうです😊







連続ジャンプ
障害を左右に連続10回飛び越え、掛かった秒数を記録




メディシンボール投げ(フロント)
重さ5kgのメディシンボールを全身の力を使って両手で放り投げ、飛んだ距離を測ります。






反復横跳び
トレーナースガワラの勘違いにより、30秒のところ1分測ってしまい、後半疲れてグダグダに…




皆さん、順調にメニューをこなし、お楽しみのランチタイム🎶

DayCampといえばスガワラ小学校同級生が営む「GOOD eat BEGETABLES
のお弁当💛




そして、ランチの後はお馴染みスポーツメンタルアドバイザー詩織先生による
スポーツ心理学セミナー
「目標設定とその実行について」

夏場のモチベーションの保ち方についてのアドバイス




 続いてフィジカルトレーナースガワラによるセミナー
 
 練習計画と『体力』について




そう!ABCRのDayCampには必ずセミナーが付いてきます!



身体を動かすだけでなく、その運動に関する知識は必須!!!



お腹いっぱいで眠気に襲われながらも皆さん熱心に聞いてらっしゃいました。






そして午後の部はメディシンボールバック投げから!

会心の一投✨





30m手押し車
見ての通りとてもキツイです(汗)








 残念ながら立五段跳と50mバウンディングのパワー系2種の写真が残っておりませんですが、それらもこなし…





最後の10種目は恐怖の12分間走(12分間でどれだけの距離を走れたか計測)
前回のDayCampでも実施しております→ABCR Day Camp 2019 Spring🌸
散々慣れない種目を全力でこなしてきて疲れ切っているところ、最後に一番キツイやつです(笑)
まさに十種競技の最後を飾る1500m走のような感じでしょうか。





1人の脱落者も出さず、見事にやりきりました✨

文句言いながらもなんだかんだ楽しそうで良かったです(笑)

本当におつかれさまでした!!!




鍛錬期となる夏場…

今回のDayCampは、様々な要素の活動をして、走るための「専門体力」より、まず「基礎体力」の向上を狙い、その後の専門体力の底上げを支える力をつける、「土台と骨組み作り」を目的とした内容なのでした!




ABCRアスレティッククラブ主催
栄養・メンタル・フィジカル各専門家による「学びある一日強化ランニング合宿」

次回開催は9月を予定しております!


また、月4回、木曜と日曜に済美山競技場にて定期練習会を行っておりますので、是非ご参加下さい!


次回はその練習会の内容についてお話させていただきます😊





2019年6月10日月曜日

低酸素トレーニング はじめました

この度ABCRでは、


ランニングを科学する
株式会社RUNTECH


との業務提携を深め、今後様々な事業を展開して行く運びとなりました。



その第一号として、この6月より

「低酸素トレーニングジム」



での出張パーソナルフィジカルコンディショニングを開始致します。

※日曜限定※




低酸素=標高約2500mでの高地トレーニングに近いものですが、


高地トレーニング=気圧も低い中でのトレーニングとなるためリスクも大きく、また何よりも海外でのある程度長期的な合宿が必要となるため、一部のアスリートを除いては現実的なものではありません。



低酸素ジムでのトレーニングは、高地と違って常圧環境となりますし、またケニアやアメリカ等ではなく「代々木」までの移動だけなので(笑)、リスクを抑えて高地トレーニングに近い効果を得ることが可能となります。





低酸素トレーニングについて、より詳しい説明をRUNTECHホームページより抜粋します。



Living High Altitude

低酸素環境で過ごすだけで、体内で低酸素状況が感知され、腎臓でのエリスロポエチン(Epo)というホルモン分泌が誘導されます。貧血治療にも効果を発揮するEpoは、血液中の酸素運搬に関わる細胞である赤血球数およびヘモグロビン量の増加を促進します。低酸素環境で1日8時間過ごした場合、その効果は早ければ2週間後、通常3〜5週間後に見られるようになります。
『Oxyhub』では、自宅に2500~3000m級の低酸素環境を作り出し、自宅で日常通りに過ごす(眠る)だけで高地同様の効果を得られます。つまり、日頃のトレーニングあるいは仕事と両立しながら、自宅で快適な高地トレーニングを実現できるのです。更に、低地で実施できることから、高地合宿で多くの選手を悩ます高山病や体調不良のリスクを軽減し、安全に質の高いトレーニングを継続することができます。


Training High Altitude

全てのトレーニングの目的は、身体へ刺激を与え、より効率的に動くように身体を適応させることです。低酸素環境下でのトレーニングは、低地での同じメニューのトレーニングよりも高い効果を得られます。一方で、身体への負荷は高いためトレーニングメニューのコントロールが重要になります。そのため海外のトップ選手は、低酸素環境下ではジョグやロング走など軽度のエンデュランスメニューを中心に行い、低地で質の高いハードなトレーニングと併用するケースが一般的です。
また、低酸素環境下でのトレーニングは、逆に言えば、同等の効果を少ない練習量で実現することも可能であることを意味します。故障中・リハビリ期のアスリートも、低地よりも軽いメニューで低地と同等のトレーニング効果を得ることができます。低酸素システム『Oxyhub』をトレーニングに活用すれば、鍛錬期のアスリートから故障中のアスリートまで、あらゆるアスリートのパフォーマンス向上に有効です。



要約すると、、、


  • 低酸素環境にいるだけで酸素の運搬能力は向上する
  •  低酸素環境でのトレーニングは、更にその効果を高める
  • しかし、負荷は高いのでコントロールが必要


ということで、 ランナーを例にすると、具体的には

  • 普段は低酸素スリープで「Living High」
  • 低地でのポイント練習は常圧常酸素下で「Training Low」
  • 低地でのつなぎ練習程度の低負荷練習は低酸素下で「Hi Altitude jog」 

という風な使い分けが出来ると最高なわけです。



また、ウエイトトレーニングのような高強度トレーニングについても、低酸素下で行うことによって効果が大きくなるということも、一部の実験で実証されています。



それ以上に、これまでABCRコンディショニングサロンでは、自重負荷を中心とした

「走るための身体の機能や使い方」

をメインとして行って参りましたが、今後代々木のジムを利用することで、ウエイトトレーニング等も含めた高負荷のトレーニングで

「身体機能の強化」

までしっかりと行えるようになります。




またもちろん、身体の機能や使い方にスポットを当てた内容も可能ですし、そのための施術、やセルフケア指導等も必要に応じて行って参ります。
 


そしてもちろん、ABCRの強みのひとつであるフットセラピーについても、これまで通り併せて実施可能です!



※フットセラピーにつきましては低酸素環境では行いません。





 【料金】

60分:基本料金+1,500円
90分:基本料金+2,000円
120分:基本料金+2,500円
※全メニュー共通


☆6~7月限定キャンペーン実施中☆

上記金額より、
60分:2,000円OFF!
90分:2,500円OFF!
120分:3,000円OFF!

実質通常より500円お得になります!




【アクセス】

〒151-0053
東京都渋谷区 代々木1-40-4 JGWビル1F

JR/都営大江戸線 代々木駅 徒歩3分
小田急線 南新宿駅 徒歩3分



日曜限定となりますが、是非是非低酸素でのトレーニングを体感してみてください!!





追伸
RUNTECHで取り扱い中の『Oxyhub』低酸素スリープシステムにつきまして、ABCRアスレティッククラブ会員様は5%割引でのご購入が可能でございます。

ご購入をお考えのお客様は是非ご入会もご検討下さいませ。

https://abcr-ac.net