「走るための身体の準備」=フィジカルコンディショニング & 走る身体と足のケア=「フットセラピー」


ABCRの公式Blog


2019年10月15日火曜日

ABCR DayCamp Autumn  ~ 2日目 ~


こんにちは。
フットセラピストなほこです。



各地で甚大な被害をもたらした台風19号、皆さまはご無事でしょうか?

 

ABCRコンディショニングサロンは多摩川沿いということもあり、ご心配いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

我々は早めに避難し、家は少し小高い場所にあったため、浸水は免れました。

ただ、サロン付近は胸のあたりまで冠水、土砂が流れ込み現在も復旧作業が続いております。
多摩川は風景がすっかり変わってしまい、自然の猛威を思い知らされました。




台風19号による被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。











さて、間が空いてしまいましたが、DayCamp2日目です。

この日も天気予報は大ハズレ。



結局台風17号の影響は殆どなかったにもかかわらず、まるで台風一過🌞🌞🌞

 昨年8月の夏真っ盛りに開催されたDayCampの悪夢が蘇ります。。。

👇 👇 👇

ABCR Summer DayCamp 2018






昨年はテーマが「暑さに負けない長距離練習」だったので良いのですが、、、今回はもう少し涼しい想定での「フォームを意識してきっちりペースを刻む距離走」なので、この暑さでは厳しい…。





まぁとりあえずコースの試走へGO!
稲城中央公園内1周2km




 公園内の競技場を反時計周り、野球場を時計回り、とバランスも考えられたABCRオリジナルコース。






ほぼアップダウンしかなく、特に中央公園と第二公園を繋ぐくじら橋は、坂、日差し、風、と3拍子揃っており、後半心折れそうになる鬼門…
 その橋をにこやかに走るお二人





なんせ暑いので、自己申告の目標距離、ペースを少しばかり設定し直していただきスタート準備
 私も含めじゃっかん憂鬱そう(笑)





 いざ出発!
見た感じ真夏ですね…






エイドにはスポーツドリング、麦茶、ゼリー、菓子パン、かち割り氷

そしてフィジカルトレーナー、メンタルトレーナー、管理栄養士兼マネージャーがサポートするいう一流アスリート並みの贅沢サポート✨





しょっぱなから滝汗で、1周毎に給水が欠かせません💦





急きょ用意した「かち割り氷」が大活躍✨
MGCを参考に。






時々、スガワラが並走しアドバイスをしたり





スタッフの応援や励ましがある中






走って







走って







走って
 







ちょっと休む。
を繰り返しながら、全員がそれぞれの目標距離を達成しました🙌







やり切ったぜ、どや❕ な背中
私は22キロでしたが、ほ~んとキツかったです💧





9月も下旬だというのに30度越えの暑さの中、おつかれさまでした!






さーてランチ🎵






と思いきや、、、







ここで終わらないのがABCRのDayCamp







出し切ってからのスガワラ名物サーキットリレー😅

3人1組で3チームに分かれ、襷リレー。



走者は3種類のトレーニング(スプリットスクワット15回等)のうち1つをこなし、回数をクリアした時点でスタート、くじら橋を1往復ダッシュするというもの。
 
※レーニングは3種類あるので1人につき3回出走!






元スプリンター、スタッフ2名も加わり本気勝負。

本気な姿を見たことがないので、なかなか貴重でした(笑)






 ラスト、雄叫びと共にものすごい追い上げをみせるT氏
 逃げる私





 とって食われる勢いです💦
 本気で怖かったです…笑笑






1位になったところで賞金も賞品も出ませんが、大いに盛り上がりました🎶







頑張った後のご褒美ランチ💛

公認スポーツ栄養士響子先生監修のリカバリー弁当




かなりボリュームありましたが、皆さん完食しておりましたよ!
さすがランナー!





こうして2日間にわたるDayCampは無事終了

いよいよレースシーズンに入りますが、この2日間のDayCampで得たことが少しでも皆さまの今後の練習に役立ちますよう、そして本番で力になりますように!!!




ご参加、ありがとうございました❕





次回のDayCampは12月15日(日)

2019年ラストのDayCampは忘年会付きを予定しております!









2019年9月30日月曜日

ABCR DayCamp Autumn ~ 1日目 ~


皆さま、お久しぶりです!

ブログ更新してない記録を更新してしまった、フットセラピストなほこです。



その間、珍しく代表スガワラが書きましたので、まだの方は是非お読み下さい!
👇 👇
 盲導犬のお母さん ルネッサ








まだまだ日中は暑い日が続いておりますが、 東京マラソンの当選発表も終わり、いよいよレースシーズンに向け本格稼働といった感じではないでしょうか?




そんなバッチリなタイミングで開催された四半期に一度のABCR DayCamp!


今回はボリュームアップして2日間連続の通い合宿形式でした。

なるべく映える写真を、と皆さんに注文したらこんな感じ(笑)






まずは1日目❕






この時期必ず我々をハラハラさせる秋雨前線&台風、、、
今回も例外なく当日までハラハラドキドキさせてくれましたが、朝からこの天気🌞
( 注:大型台風の影響により雨で気温も低い予報です)






 慌てて日焼け止めを塗りたくりDayCampスタート!






まずは一人一人動画を撮り、フォームチェック
 





スガワラによる細かい細かい動画フィードバック
 
 ABCRアスレティッククラブではすっかりお馴染みの動画チェックですが
自分のフォームを客観的に見る機会って一般的にあまりないかと思います。



動画をじっくり見てみると、重心が後ろ、腸腰筋が硬い、臀筋群が使えていない、脚が後ろに流れるなどなど、自分では気づきにくい課題がたくさん💦




動画から皆さんの弱点、課題を見つけ、その克服のためのトレーニングをみっちり行います。






こんなことや






こんなことも

ヒィーヒィーと楽しそうにトレーニングしてました😊🎶






そして補強トレーニング後の走り
 






Before→Afterで比べてみると、なるほど皆さん格段に良くなっております✨
自分のフォームだけでなく、他のランナーのフォームチェックというのもとても勉強になりますよ😊




「まめなことが一番大事」
(Tシャツに注目↓)
ですね(笑)






そして皆さんのフォームが格段に良くなったところでランチタイム~🎵
DayCampのランチといえば!

 👇
新鮮野菜をたっぷり使ったGOOD eat BEGITABLESのオサレ弁当✨


相変わらずボリュームたっぷりで美味しい💛







そして、もちろんあります。
ABCRの学びあるランニング合宿
 
スポーツメンタルアドバイザー伊藤詩織先生によるメンタルセミナー

スポーツをする人なら誰もがやったことがあるであろうイメージトレーニング
(え。ありますよね???)

本番の実力発揮には欠かせません!





これ、簡単なようで実はとても難しく、普段からイメージを思い描く基礎練習が必要なんです。





 ということで、様々なパターンのイメージを絵に描いて表現する練習
 安心してください。



見せあいっこは今回はなしです(笑)



それを聞いて一番安心したのは、絵心のない代表スガワラです。





その他筋弛緩法や呼吸法など、試合前や本番で役立つメンタルコントロール法
注:リラックスしているだけで、寝ているわけではありません(一部の人を除くw)



スポーツ以外でも役に立ちそうです😊





お次はスガワラによるフィジカルセミナー
 パーソナルスペースで出来るストレッチ
 スタートブロックに整列した時など、混雑した場所でも出来ると良いですよね。







さて、午後の部スタート!





まずはドリルでウォーミングアップ
複雑なステップが入ると皆さん途端にグダグダ…笑





本錬メニューはというと・・・
300m × 10~15本 (繋ぎ300mジョグ)




レベル別にグループに分かれ、タイム設定通りに走ります。




本数が増えるに従って、当然キツい💧

しかし、一人じゃないから頑張れる!!!


 仲間がいるから頑張れる!!!


それが練習会の良いところ😊




というわけで、かなり攻めたタイム設定にもかかわらず、皆さん最後まで走り切りましたー!





 まずはDayCamp Autumn1日目、お疲れさまでした❕








普段はタイム計測してばかりの元400mスプリンター・Nマネージャー
今回はマネージャーしてもらいつつ、走ってもらいましたよ!


いつも助かってま~す!






2日目につづく、、、



2019年9月13日金曜日

盲導犬のお母さん ルネッサ

このブログも非常に間が空いてしまいました…。


そして久々登場、代表のスガワラコウヨウでございます。



この暑い夏、皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか?



我々ABCRはと言うと、仕事にプライベートに、何だか常に移動しまくりな日々を過ごしていたような気がします^^;


もはや流浪の民、ABCRキャラバンでございます(笑)



主に秋田と富士山方面が多かったのですが、今日はそのうち、ずっと書きたかったことをブログにしてみようと思います。









SNS等でシェアされたリンク画像で「あれ?」と思われた方、いらっしゃるかもしれません。


いつもレオしゃちょーの写真がトップなのに、なんだこの子は!?

犬種が違うじゃないか!






実はこの子、名前を「ルネッサ」と言いまして、一昨年の2月から去年の2月までの1年間、秋田にあるスガワラの実家で、盲導犬のパピーウォーカーとして預かっていた子なんです♪



菅原家シスターズ&父も初登場(笑)






パピーウォーカーって何?という方に少し説明を…



盲導犬候補の子犬たちは、最初から施設で盲導犬としての訓練を受けるだけではなく、生後約2ヶ月~1歳の誕生日を迎えるまで、一般家庭で大切に育てられます。


というのも、愛情をたっぷり受けて育つことで、人間への信頼感だったり、盲導犬のお仕事への誇りだったりが養われる基礎が出来るからです。

もちろんそこでは、基本的なしつけもしっかり行われます。



パピーウォーカーは完全なボランティアになるので、審査等もあり、相当な覚悟がないと誰でも引き受けられるものではありません。



それでも昔から大の犬好きだった父は、いつかはライフワークとしてやりたいと思っていたパピーウォーカーを引き受けることで、長年苦しんだうつ病からも脱し、体重も20kgも減らしました。




(ちなみに現在はそこからまた10kg増だそうです(笑))




最寄りの訓練センターが仙台にあるので、秋田の家から仙台まで月イチで通ったり、毎朝晩2時間以上の散歩をしたり、いろんなところに連れて行ってもらったり、




 ↑これは僕です(笑)


正直多分、父が実の息子娘以上に命を懸けて育てあげたと言ってもいいくらいに(笑)愛情を注がれて、




実家には猫のおはぎも一緒に暮らしてたり、



たまにレオも会いに行ったり、




実は一昨年の秋田Runtrip企画の際には、お客さん数名も我が家に立ち寄ってルネッサに会ってくれたりということもありました♪





そんな風に色んな刺激を受けながら、昨年2月、無事パピーウォーカーの修了式を迎えました。



ここで母も初登場…(笑)






この修了式にも我々も参加させてもらったのですが、実はこの時点で、ルネッサがこの先どういう道を歩むのか、まだ決まってはいませんでした。



生まれる子犬たちの中で、実際に盲導犬として活躍するワンコというのは全体の40%程度だそうです。


それ以外の子は、


・協会や盲導犬のPRをする「PR犬」
・一般家庭に引き取られ家庭犬として過ごす「キャリアチェンジ犬」
(ごく一部、介助犬や聴導犬として活躍する子もいます)

そして、

・盲導犬のお父さんやお母さんになる「繁殖犬」


という道があり、その子がどういう道を進めば一番幸せかという適正を見て、一定期間の訓練後、キャリアが分かれてきます。


強調しておきたいのが、それは優劣ではなく、あくまでも性格と適正を見ての判断なのです。


そして「盲導犬は仕事で拘束されるから可哀そう」というのも間違いで、その子は盲導犬としての生き方に誇りを持って生きている上に、一日のうちでお仕事の時間というのはユーザーさんと一緒に目的の場所まで移動する間だけで、その他の時間は普通に犬暮らしをして可愛がられているんです。




でももし盲導犬になってしまったら、、なってしまったらという言い方もおかしいですが、修了式の後は、たった1度きりしか、その子には会えなくなってしまいます。

(※↑会える会えないは所属によりまちまちなようです)



だから別れは、涙、涙でした…。




余談ですが、この頃(現在もですが)、母が片目失明の危機があり、ルネッサが母の光になってくれるようで、何だかとても因果なものを感じたりもしました…。




何かを悟ったようなこの目が忘れられませんでした…。







それがどうやら繁殖犬として活躍できるらしいという話が舞い込んできたのが、それから数か月後!


繁殖犬になれば、出産後の子犬たちも含めて会えるということで、その話を聞いた時から、ルネッサの初産を心から楽しみにしていました!



ルネッサは目がクリクリして美人(美犬)なので、きっと子供たちも美形に違いない!と、完全に親バカ(兄バカ?)になってました(笑)




↑美人じゃないですか!?(笑)



それだけでなく、後世にその血統を残すという役割があるので、健康面や盲導犬としての適性も持っていなければなりません。








そして!



遂に!!



2019年7月24日!



ルネッサがお母さんになったという知らせを、日本盲導犬協会のブログで知りました!




実家にいた頃はこんなにやんちゃな子犬だったのに





すっかりお母さんの顔になっていました^^






そんなルネッサに会いに、8月22日、静岡県富士宮市にある、富士ハーネスという施設に行ってきました。


65歳になる父も、秋田から片道750km車を走らせて会いに来ました!


完全に愛の成せる業です(笑)




その父との再会のシーンは、もう涙ものでした…。


お母さんになったルネッサですが、その時間はすっかり子供の顔に戻り、父に甘えつつ、自分の子たちを紹介するように振舞っていたように感じました。










そしてルネッサの子どもたちを抱いた父、、、




完全に孫を抱く祖父です(笑)



残念ながら母は仕事のため行けなかったので、次回は行けたら…。




ここで、子犬たちの愛くるし過ぎる写真を何枚かどうぞ(笑)











ごめんなさい載せすぎました(笑)

完全に惚気です(笑)


「ヤバい、かわいい…」しか言えなくなるくらいの語彙力が低下しました(笑)






と、ニヤニヤニタニタしまくりだったわけですが、次回のお産の際にまた会えると思うと、「またねっ!」と言ってお別れが出来るので、修了式の時よりどれだけ心が楽だったか…。






話が前後しますが、実は修了式のすぐ後、ABCRコンディショニングサロンに、日本盲導犬協会の募金箱を設置しました。





ルネッサやその子供たち、そしてその他、全国で頑張っている盲導犬やそれに携わる人々やワンコたちが、これからもずっと、人々の希望になり続けられるように。


そして、その輪がもっともっと広がって行くように。




ABCRはこれからも、日本盲導犬協会の活動を応援して参ります!



公益財団法人 日本盲導犬協会




ルネッサ&パピーたちが、これからも人とともに幸せに暮らして行けますように^^







追記

2012年に亡くなった、私が小6の頃から一緒に暮らした先代のラブラドールレトリーバー、クッキー(享年13歳♀)も、お母さんになりたかった子なので、きっと喜んでいると思います。

ルネッサのお母さんぶりを、天国から温かく見守ってくれていることでしょう^^