「走るための身体の準備」=フィジカルコンディショニング & 走る身体と足のケア=「フットセラピー」


ABCRの公式Blog


2019年9月13日金曜日

盲導犬のお母さん ルネッサ

このブログも非常に間が空いてしまいました…。


そして久々登場、代表のスガワラコウヨウでございます。



この暑い夏、皆さまはいかがお過ごしでしたでしょうか?



我々ABCRはと言うと、仕事にプライベートに、何だか常に移動しまくりな日々を過ごしていたような気がします^^;


もはや流浪の民、ABCRキャラバンでございます(笑)



主に秋田と富士山方面が多かったのですが、今日はそのうち、ずっと書きたかったことをブログにしてみようと思います。









SNS等でシェアされたリンク画像で「あれ?」と思われた方、いらっしゃるかもしれません。


いつもレオしゃちょーの写真がトップなのに、なんだこの子は!?

犬種が違うじゃないか!






実はこの子、名前を「ルネッサ」と言いまして、一昨年の2月から去年の2月までの1年間、秋田にあるスガワラの実家で、盲導犬のパピーウォーカーとして預かっていた子なんです♪



菅原家シスターズ&父も初登場(笑)






パピーウォーカーって何?という方に少し説明を…



盲導犬候補の子犬たちは、最初から施設で盲導犬としての訓練を受けるだけではなく、生後約2ヶ月~1歳の誕生日を迎えるまで、一般家庭で大切に育てられます。


というのも、愛情をたっぷり受けて育つことで、人間への信頼感だったり、盲導犬のお仕事への誇りだったりが養われる基礎が出来るからです。

もちろんそこでは、基本的なしつけもしっかり行われます。



パピーウォーカーは完全なボランティアになるので、審査等もあり、相当な覚悟がないと誰でも引き受けられるものではありません。



それでも昔から大の犬好きだった父は、いつかはライフワークとしてやりたいと思っていたパピーウォーカーを引き受けることで、長年苦しんだうつ病からも脱し、体重も20kgも減らしました。




(ちなみに現在はそこからまた10kg増だそうです(笑))




最寄りの訓練センターが仙台にあるので、秋田の家から仙台まで月イチで通ったり、毎朝晩2時間以上の散歩をしたり、いろんなところに連れて行ってもらったり、




 ↑これは僕です(笑)


正直多分、父が実の息子娘以上に命を懸けて育てあげたと言ってもいいくらいに(笑)愛情を注がれて、




実家には猫のおはぎも一緒に暮らしてたり、



たまにレオも会いに行ったり、




実は一昨年の秋田Runtrip企画の際には、お客さん数名も我が家に立ち寄ってルネッサに会ってくれたりということもありました♪





そんな風に色んな刺激を受けながら、昨年2月、無事パピーウォーカーの修了式を迎えました。



ここで母も初登場…(笑)






この修了式にも我々も参加させてもらったのですが、実はこの時点で、ルネッサがこの先どういう道を歩むのか、まだ決まってはいませんでした。



生まれる子犬たちの中で、実際に盲導犬として活躍するワンコというのは全体の40%程度だそうです。


それ以外の子は、


・協会や盲導犬のPRをする「PR犬」
・一般家庭に引き取られ家庭犬として過ごす「キャリアチェンジ犬」
(ごく一部、介助犬や聴導犬として活躍する子もいます)

そして、

・盲導犬のお父さんやお母さんになる「繁殖犬」


という道があり、その子がどういう道を進めば一番幸せかという適正を見て、一定期間の訓練後、キャリアが分かれてきます。


強調しておきたいのが、それは優劣ではなく、あくまでも性格と適正を見ての判断なのです。


そして「盲導犬は仕事で拘束されるから可哀そう」というのも間違いで、その子は盲導犬としての生き方に誇りを持って生きている上に、一日のうちでお仕事の時間というのはユーザーさんと一緒に目的の場所まで移動する間だけで、その他の時間は普通に犬暮らしをして可愛がられているんです。




でももし盲導犬になってしまったら、、なってしまったらという言い方もおかしいですが、修了式の後は、たった1度きりしか、その子には会えなくなってしまいます。

(※↑会える会えないは所属によりまちまちなようです)



だから別れは、涙、涙でした…。




余談ですが、この頃(現在もですが)、母が片目失明の危機があり、ルネッサが母の光になってくれるようで、何だかとても因果なものを感じたりもしました…。




何かを悟ったようなこの目が忘れられませんでした…。







それがどうやら繁殖犬として活躍できるらしいという話が舞い込んできたのが、それから数か月後!


繁殖犬になれば、出産後の子犬たちも含めて会えるということで、その話を聞いた時から、ルネッサの初産を心から楽しみにしていました!



ルネッサは目がクリクリして美人(美犬)なので、きっと子供たちも美形に違いない!と、完全に親バカ(兄バカ?)になってました(笑)




↑美人じゃないですか!?(笑)



それだけでなく、後世にその血統を残すという役割があるので、健康面や盲導犬としての適性も持っていなければなりません。








そして!



遂に!!



2019年7月24日!



ルネッサがお母さんになったという知らせを、日本盲導犬協会のブログで知りました!




実家にいた頃はこんなにやんちゃな子犬だったのに





すっかりお母さんの顔になっていました^^






そんなルネッサに会いに、8月22日、静岡県富士宮市にある、富士ハーネスという施設に行ってきました。


65歳になる父も、秋田から片道750km車を走らせて会いに来ました!


完全に愛の成せる業です(笑)




その父との再会のシーンは、もう涙ものでした…。


お母さんになったルネッサですが、その時間はすっかり子供の顔に戻り、父に甘えつつ、自分の子たちを紹介するように振舞っていたように感じました。










そしてルネッサの子どもたちを抱いた父、、、




完全に孫を抱く祖父です(笑)



残念ながら母は仕事のため行けなかったので、次回は行けたら…。




ここで、子犬たちの愛くるし過ぎる写真を何枚かどうぞ(笑)











ごめんなさい載せすぎました(笑)

完全に惚気です(笑)


「ヤバい、かわいい…」しか言えなくなるくらいの語彙力が低下しました(笑)






と、ニヤニヤニタニタしまくりだったわけですが、次回のお産の際にまた会えると思うと、「またねっ!」と言ってお別れが出来るので、修了式の時よりどれだけ心が楽だったか…。






話が前後しますが、実は修了式のすぐ後、ABCRコンディショニングサロンに、日本盲導犬協会の募金箱を設置しました。





ルネッサやその子供たち、そしてその他、全国で頑張っている盲導犬やそれに携わる人々やワンコたちが、これからもずっと、人々の希望になり続けられるように。


そして、その輪がもっともっと広がって行くように。




ABCRはこれからも、日本盲導犬協会の活動を応援して参ります!



公益財団法人 日本盲導犬協会




ルネッサ&パピーたちが、これからも人とともに幸せに暮らして行けますように^^







追記

2012年に亡くなった、私が小6の頃から一緒に暮らした先代のラブラドールレトリーバー、クッキー(享年13歳♀)も、お母さんになりたかった子なので、きっと喜んでいると思います。

ルネッサのお母さんぶりを、天国から温かく見守ってくれていることでしょう^^





2019年6月24日月曜日

ABCR Day Camp ! 2019 Summer


みなさま、ご無沙汰しております!




すっかり梅雨入りし、モチベーションが低下気味になるシーズンの到来ですね☔
 
雨でモチベーションが低下しているイッヌ)



 週末のイベントは開催できるのか、練習会は大丈夫か…、3種類の天気予報アプリを暇さえあればチェックしているフットセラピストなほこです。







そんな梅雨の真っただ中にもかかわらず、奇跡的に晴天に恵まれた6/16(日)






ABCRアスレティッククラブでは「Summer Day Camp!」を開催しました!
晴れ過ぎて暑いのなんの(笑)





これから本格的に暑い夏がやってきますが、長い距離を走ることが難しくなってきますよね💦

しかし、秋以降のレースに向け夏場の練習が大きなカギになってきます❕




そこで、「夏場の効率よい練習を考える」をテーマに




10種目のトレーニングを取り入れ、楽しみながら基礎体力向上を目指すことを目的とした「大人の体力測定」的な内容のDayCampを実施!




 ABCRアスレティッククラブの定期練習会で半年に一度「コントロールテスト」を行っておりますが、それのスペシャルバージョンです✨




そのスペシャルな内容とは…


①50m走
②立五段跳
③メディシンボール立ち投げ
④連続ジャンプ
⑤500mジャストタイム走
⑥反復横跳
⑦メディシンボールバック投げ
⑧手押し車30m
⑨50mバウンディング
⑩12分間走




聞きなれない種目もあるとか思いますが、市民ランナー向けにアレンジしたABCRオリジナル十種競技であります!


短距離系や瞬発系の動きが苦手・・・そんな長距離ランナーが多いため、実は当日までメニューを公表しておりませんでした(笑)


案の定、発表後ブーイングいただきましたけど(汗)






因みに私は学生時代、年に一度の体力測定が大好きでした♪

最も得意とする反復横跳びで、勢い余ってよろけてしまい微妙な結果に終わってしまった高3の春・・・それ以来20数年ぶり(笑)

運動会前のようなワクワク感と、衝撃の結果だったらどうしようという不安と緊張で眠れなかったのはここだけの話・・・






皆さん、数十年振りであろう50m走!
私も含め、 おそらく一番ドキドキしたやつです(笑)





 「昔はもっと風切って走れたのに」(50代男性)とか
  

「脚が全然回転しなかった」(50代女性)とか


「50m長い」・・・(50代女性)とか


「高校生の自分に負けた…」(40代女性Nスタッフ) とか


「かろうじて〇〇ちゃんに勝った!」(30代男性Sトレーナーなど



そりゃあもう皆さん色々感想を述べておりました(笑)





 さすがは800m専門現役大学生Mちゃんの走りっぷり✨
 何をやっても「おぉ~!」と歓声が上がっておりました(笑)



この日は「みんなにたくさん褒めてもらって嬉しかった」そうです😊







連続ジャンプ
障害を左右に連続10回飛び越え、掛かった秒数を記録




メディシンボール投げ(フロント)
重さ5kgのメディシンボールを全身の力を使って両手で放り投げ、飛んだ距離を測ります。






反復横跳び
トレーナースガワラの勘違いにより、30秒のところ1分測ってしまい、後半疲れてグダグダに…




皆さん、順調にメニューをこなし、お楽しみのランチタイム🎶

DayCampといえばスガワラ小学校同級生が営む「GOOD eat BEGETABLES
のお弁当💛




そして、ランチの後はお馴染みスポーツメンタルアドバイザー詩織先生による
スポーツ心理学セミナー
「目標設定とその実行について」

夏場のモチベーションの保ち方についてのアドバイス




 続いてフィジカルトレーナースガワラによるセミナー
 
 練習計画と『体力』について




そう!ABCRのDayCampには必ずセミナーが付いてきます!



身体を動かすだけでなく、その運動に関する知識は必須!!!



お腹いっぱいで眠気に襲われながらも皆さん熱心に聞いてらっしゃいました。






そして午後の部はメディシンボールバック投げから!

会心の一投✨





30m手押し車
見ての通りとてもキツイです(汗)








 残念ながら立五段跳と50mバウンディングのパワー系2種の写真が残っておりませんですが、それらもこなし…





最後の10種目は恐怖の12分間走(12分間でどれだけの距離を走れたか計測)
前回のDayCampでも実施しております→ABCR Day Camp 2019 Spring🌸
散々慣れない種目を全力でこなしてきて疲れ切っているところ、最後に一番キツイやつです(笑)
まさに十種競技の最後を飾る1500m走のような感じでしょうか。





1人の脱落者も出さず、見事にやりきりました✨

文句言いながらもなんだかんだ楽しそうで良かったです(笑)

本当におつかれさまでした!!!




鍛錬期となる夏場…

今回のDayCampは、様々な要素の活動をして、走るための「専門体力」より、まず「基礎体力」の向上を狙い、その後の専門体力の底上げを支える力をつける、「土台と骨組み作り」を目的とした内容なのでした!




ABCRアスレティッククラブ主催
栄養・メンタル・フィジカル各専門家による「学びある一日強化ランニング合宿」

次回開催は9月を予定しております!


また、月4回、木曜と日曜に済美山競技場にて定期練習会を行っておりますので、是非ご参加下さい!


次回はその練習会の内容についてお話させていただきます😊





2019年6月10日月曜日

低酸素トレーニング はじめました

この度ABCRでは、


ランニングを科学する
株式会社RUNTECH


との業務提携を深め、今後様々な事業を展開して行く運びとなりました。



その第一号として、この6月より

「低酸素トレーニングジム」



での出張パーソナルフィジカルコンディショニングを開始致します。

※日曜限定※




低酸素=標高約2500mでの高地トレーニングに近いものですが、


高地トレーニング=気圧も低い中でのトレーニングとなるためリスクも大きく、また何よりも海外でのある程度長期的な合宿が必要となるため、一部のアスリートを除いては現実的なものではありません。



低酸素ジムでのトレーニングは、高地と違って常圧環境となりますし、またケニアやアメリカ等ではなく「代々木」までの移動だけなので(笑)、リスクを抑えて高地トレーニングに近い効果を得ることが可能となります。





低酸素トレーニングについて、より詳しい説明をRUNTECHホームページより抜粋します。



Living High Altitude

低酸素環境で過ごすだけで、体内で低酸素状況が感知され、腎臓でのエリスロポエチン(Epo)というホルモン分泌が誘導されます。貧血治療にも効果を発揮するEpoは、血液中の酸素運搬に関わる細胞である赤血球数およびヘモグロビン量の増加を促進します。低酸素環境で1日8時間過ごした場合、その効果は早ければ2週間後、通常3〜5週間後に見られるようになります。
『Oxyhub』では、自宅に2500~3000m級の低酸素環境を作り出し、自宅で日常通りに過ごす(眠る)だけで高地同様の効果を得られます。つまり、日頃のトレーニングあるいは仕事と両立しながら、自宅で快適な高地トレーニングを実現できるのです。更に、低地で実施できることから、高地合宿で多くの選手を悩ます高山病や体調不良のリスクを軽減し、安全に質の高いトレーニングを継続することができます。


Training High Altitude

全てのトレーニングの目的は、身体へ刺激を与え、より効率的に動くように身体を適応させることです。低酸素環境下でのトレーニングは、低地での同じメニューのトレーニングよりも高い効果を得られます。一方で、身体への負荷は高いためトレーニングメニューのコントロールが重要になります。そのため海外のトップ選手は、低酸素環境下ではジョグやロング走など軽度のエンデュランスメニューを中心に行い、低地で質の高いハードなトレーニングと併用するケースが一般的です。
また、低酸素環境下でのトレーニングは、逆に言えば、同等の効果を少ない練習量で実現することも可能であることを意味します。故障中・リハビリ期のアスリートも、低地よりも軽いメニューで低地と同等のトレーニング効果を得ることができます。低酸素システム『Oxyhub』をトレーニングに活用すれば、鍛錬期のアスリートから故障中のアスリートまで、あらゆるアスリートのパフォーマンス向上に有効です。



要約すると、、、


  • 低酸素環境にいるだけで酸素の運搬能力は向上する
  •  低酸素環境でのトレーニングは、更にその効果を高める
  • しかし、負荷は高いのでコントロールが必要


ということで、 ランナーを例にすると、具体的には

  • 普段は低酸素スリープで「Living High」
  • 低地でのポイント練習は常圧常酸素下で「Training Low」
  • 低地でのつなぎ練習程度の低負荷練習は低酸素下で「Hi Altitude jog」 

という風な使い分けが出来ると最高なわけです。



また、ウエイトトレーニングのような高強度トレーニングについても、低酸素下で行うことによって効果が大きくなるということも、一部の実験で実証されています。



それ以上に、これまでABCRコンディショニングサロンでは、自重負荷を中心とした

「走るための身体の機能や使い方」

をメインとして行って参りましたが、今後代々木のジムを利用することで、ウエイトトレーニング等も含めた高負荷のトレーニングで

「身体機能の強化」

までしっかりと行えるようになります。




またもちろん、身体の機能や使い方にスポットを当てた内容も可能ですし、そのための施術、やセルフケア指導等も必要に応じて行って参ります。
 


そしてもちろん、ABCRの強みのひとつであるフットセラピーについても、これまで通り併せて実施可能です!



※フットセラピーにつきましては低酸素環境では行いません。





 【料金】

60分:基本料金+1,500円
90分:基本料金+2,000円
120分:基本料金+2,500円
※全メニュー共通


☆6~7月限定キャンペーン実施中☆

上記金額より、
60分:2,000円OFF!
90分:2,500円OFF!
120分:3,000円OFF!

実質通常より500円お得になります!




【アクセス】

〒151-0053
東京都渋谷区 代々木1-40-4 JGWビル1F

JR/都営大江戸線 代々木駅 徒歩3分
小田急線 南新宿駅 徒歩3分



日曜限定となりますが、是非是非低酸素でのトレーニングを体感してみてください!!





追伸
RUNTECHで取り扱い中の『Oxyhub』低酸素スリープシステムにつきまして、ABCRアスレティッククラブ会員様は5%割引でのご購入が可能でございます。

ご購入をお考えのお客様は是非ご入会もご検討下さいませ。

https://abcr-ac.net


2019年4月8日月曜日

ABCR Day Camp 2019 Spring🌸




東京の桜もそろそろピークが過ぎようとしていますね🌸





ここ一週間ほど、スタッフ犬レオの散歩がルンルンのフットセラピストなほこです♪
桜など全く興味ない遠い目のスタッフ犬レオ…


ABCRコンディショニングサロンのある狛江は、隠れた桜の名所🌸🌸🌸
サロンまで桜並木が続きます🌸
(写真は8分咲きくらい)








各地で桜が開花し始めた3月30日(土)、ABCRアスレティッククラブでは、多摩永山にある多摩市陸上競技場にてDayCampを開催しました❕

2019年は春・夏・秋・冬とシーズン毎に開催、その第一回目となる「Spring Day Camp!」







今回のテーマは「自分の最適ペースを知る」






「レースや練習で、どのくらいのペースで走るのが最適なんだろう?」



そんな疑問をお持ちの方のために、最適ペースを把握するためのテスト+最適ペースを向上させるための練習を午前・午後に分けて行いました。






まずはダイナミックストレッチでしっかり体を動かしてから
12分間走スタート!


※12分完走とは、競技場などの予め距離がわかる場所で、12分間でどれくらいの距離を走ったかを計測するテストで、走った距離によって最大酸素摂取量やLT値(乳酸性閾値)、フルマラソンのタイムなどが算出できる、というもの。










12分間で自分の力を出し切るので、当然これがキツイんですよね…
 トレーナースガワラの「終了~!」という通らない声により、全員一斉にストップ。




 私も含め、皆さんその場で倒れ込んでおりました💦








が、キツイだけのABCR合宿ではありません!







頑張った後はランチタイム♪
 公認スポーツ栄養士響子先生監修の鉄分たっぷり貧血改善弁当✨
 
調理はお馴染みGOOD eat VEGETABLESの小田嶋貴也シェフ!





 桜の咲く公園でまるでピクニック🌸
 
 徐々に晴れ間が出てポカポカ陽気に🌞






お弁当を食べた後は、響子先生による簡易貧血検査と貧血についてのセミナー✐
 スガワラによるペース、練習の組み立て方についてのセミナーを行いました。







そして本練へ!
 ドリルでしっかり身体を動かしてからの





午前中の12分間走によりそれぞれ算出したLT値を元に、8000mテンポ走。



 更に1000m + 400m






LT値を上げたい!そんな向上心たっぷりの皆さんにはテンポ走
スピードを強化したい組はインターバル走を行いました!






皆さん、午前・午後共にやりきりました!!!
(ヘロヘロになる前に集合写真を!という何事においても意識の高い皆さんのご要望により、本錬前にパシャリ)





最後はスガワラによる1人1人の動画フィードバックもあり📹

Spring Day Campは無事終了。




皆さん、おつかれさまでした✨






ABCRアスレティッククラブがお届けする学びある一日強化合宿、このようなカタチで今年はあと3回開催予定です!
 (次回開催は6月16日(日))



皆さまのご参加、お待ちしております😊