「走るための身体の準備」=フィジカルコンディショニング & 走る身体と足のケア=「フットセラピー」


ABCRの公式Blog


2018年8月13日月曜日

Sky Camp!3日目 ~ リバートレッキング♪ ~



いよいよ3日目、キャンプ最終日。

(注:写真更に多め)





鹿嶺高原展望台よりご来光を拝む!(スタッフは寝てました)
(Tカメラマン撮影)




早朝6時、お楽しみのアウトドアモーニング☕
 
スガワラシェフ作たっぷり野菜のスープ💛



ソーセージを焼いて




ホットドッグに💚
 
 ホットドッグとアルプスと雲海



 パクーッ💗
 
 景色さいこー!
ホットドッグうまー!!



ホットドッグ1つがこんなに絵になるなんて✨



インスタ映え✨
 私のホットドッグ、しばしお預け(笑)



 蝶々さんもパンを食べにきたりして




とびきり贅沢なモーニングを楽しみました♪




チェックアウト後、北アルプスと中央アルプスをバックに記念撮影
雷鳥荘の清水さん、本当にお世話になりました!





そして本日のお楽しみ、リバートレッキングスタート♪




 南アルプス天然水・黒川
連日の雨の影響で濁っていた水もほぼ透明度が戻ってました✨




Tカメラマン、「楽しい写真を撮りたい!」
そんな気持ちが勝り、超高級望遠レンズと共に入水🌊
万が一ドボンすることがあってもカメラだけは助けようと、Tカメラマンの背後にピッタリ付く私(笑)




 上流に近いので大きい石がゴロゴロ、流れも速いので歩くの結構大変なのです。





ハイチ~ズ~♪




そしてテンションMAX!!!
 



 もうどうにでもなれ~♪




ボク、泳いじゃうもんね~♪
 




 はい、みんなビショビショ~♪




 やだ~楽し~♪




 ビショビショ楽しすぎ~♪




 私も泳いじゃお~♪
 




 スガワラ飛び込む
なんかイマイチ…





やっぱりイマイチ …




 ハイ、消えた~




あらあら …
 




いいわねぇ、若い人たちは(イメージ)




皆さん、童心に帰って本当に楽しそうでした♪





川遊びを思う存分楽しんだ後は、お母さん100選の宿みらい塾さんでランチ





女将さんの特製カレー🍛




  何度食べても美味しい💕
 




囲炉裏を囲んでいただきます♪
 リバートレッキングって集中力使うので、とってもお腹が空くんですよね。




お土産にご主人の作った無農薬化学肥料無添加のコリンキー(南瓜の一種)をいただいちゃいました。




こんな風にサラダにしたり生でもいけちゃいます。




 庭のブルーベリーも採って食べてってーと女将さん
 ごちそうさまでした💜



 また9月の合宿でもお世話になります!




最後に、道の駅南アルプスむらでせっせとお土産を買い込みます。




お酒大好きトリオ🍷
 信州ワインを手にご満悦♪





最初から押し押しのスケジュールでしたが、最終日だけはスムーズすぎて電車の発車時刻の40分前に伊那市駅に到着。





最後の集合写真は伊那市駅をバックに




初日からまさかの4時間押し、2日目のスケジュール変更と、バタバタとしてしまった今回の合宿ですが、皆さんのご協力あって無事に終えることができました!
我々も心底ホッとしました。


本当にありがとうございました!


今回のキャンプ場をベースにしたトレッキング中心の合宿は初めての試みでしたが、鹿嶺高原、千畳敷カール、仙丈ケ岳、リバートレッキングと、どれもイチ押しのスペシャル企画だったので、皆さんをお連れできたことを本当に嬉しく思っています。



来年も是非いらして下さいね!




(コリンキー化した我々)





2018年8月1日水曜日

SkyCamp!2日目 ~ 南アルプス仙丈ケ岳へ ~



さて、SkyCamp2日目。

(注:写真多めです)



いよいよ合宿のメインイベントである南アルプスの女王、仙丈ケ岳トレッキング♪



「仙丈ヶ岳に登ってみたい!」



そんなお客様の声から生まれた今回の合宿。






…ですが、前日の押し押しの行程により皆さんかなりお疲れ&寝不足のため、無理をせず予定より2時間遅いスタート。



ピークを目指さず、仙丈小屋まで行って折り返すことにしました。

 鹿嶺高原から見た仙丈ケ岳






相手は3,000m級のアルプス。

体調が少しでも万全でなければ、高山病や怪我、滑落など様々なリスクを伴い危険です。






まずは朝ごはん♪
雷鳥荘管理人の清水さんに握っていただいたおにぎり💛
ありがたいっ!




朝7時にキャンプ場を出発し仙流荘バス停へ。
南アルプス林道バスに乗り、登山口となる北沢峠まで向かいます。

3連休中日、この日は過去最高の人出だったそうで臨時のバスが片道50分の山道を何往復もしていました💦




 標高880mの仙流荘から標高2,032mの北沢峠までの約50分間のバスの旅、運転手さんのガイド付きで、カモシカさんがひょっこり姿を見せてくれたり、スリルもあってとても楽しいんですよ♪
バスの車窓から





北沢峠…長野県伊那市と山梨県南アルプス市の堺にある峠で、仙丈ケ岳、甲斐駒ヶ岳の重要な登山拠点となっています。
しっかりストレッチをして




本日のルート説明
 
 お疲れの皆さんになるべく負担の掛からない優しいルートに変更
(実際はそうでもない?)




しっかりと確認!
 




北沢峠をスタートです!





今回は仙丈ヶ岳ピークまでの最短コース、沢沿いを登る藪沢重幸真道(やぶさわしげゆきしんどう)を選択




雲一つない絶好の登山日和🌞
いってきまーす❕❕





しっとり、ひんやりとしたマイナスイオンたっぷりの緩やかなルート





何やらキャッキャしながら立ち止まって観察したり





写真撮ったり
Tカメラマン、真剣!




恐る恐る渡ったり





楽しい~気持ちいい~✨






触れると柔らかな新芽



しっとりとしたコケ




凛と咲くクルマユリ



日陰に咲く ゴゼンタチバナ





吹く風、聴こえる音、目に映るもの、全てが癒してくれます✨





すれ違うハイカーさん達と挨拶を交わしたり、道を譲ったり譲られたりしながら
 ゆっくりと登って行くと





雪渓が⛄
 




雪渓の下を潜るようにして、沢を渡るこの時期ならではのルート
しかしこの翌日、暑さにより雪渓が崩れ、丸太橋が崩壊したそうです😨
 私たちはギリギリ渡ることができてラッキーでした☆




しばらく行くと見事な滝が



甲斐駒ヶ岳を臨みながらの休憩
 
 なんとも贅沢なひととき




 所どころに咲く高山植物を楽しみながら、馬の背ヒュッテを目指して更に登って行きます。



タカネグンナイフウロ



 ウラジロナナカマド




振り返れば鋸岳




そしてやっと標高2,640mにある山小屋馬の背ヒュッテに到着!
日差しも強く、上に登るに従いだんだんハードになり、さすがに皆さんかなりお疲れ💧





道の駅南アルプスむら「野のもの」さんに特別注文したおにぎり弁当をいただきます🍙
オーナーの吉田さんが一生懸命考えて下さった、傷みにくくて美味しい、心のこもったお弁当でした💗



自然食レストラン野のもの

雑穀を使用した体に優しく美味しいメニューが揃っています✨





さて、帰りの最終バスの時間を考えると、そろそろ折り返さなければなりません。
目的地の仙丈小屋まではまだ少しあるので、今回はここ馬の背ヒュッテまでとしました。


 皆さん、もう十分!だそうです(笑)
 
 良い笑顔😊





日本三大カールの藪沢カール、大仙丈カールに小仙丈カール、美しい稜線歩き、そして山頂からの景色をお見せすることが出来なかったのは、我々としては非常に残念でしたが、また次回のお楽しみ♪ということで、皆さん前向きに盛り上がっておりました(笑) 


2015年9月の合宿より





来年是非リベンジしましょう!






下りもなかなか険しく慎重に…



 景色を楽しみながら✨
 





しかし、最終バスの時間は刻一刻と迫ってきます…



口数も減って体力的にも精神的にもしんどいところ…
 ここで焦りは禁物。
休憩を入れつつ落ち着いて下山しましょう!


 いざとなったらスガワラがダッシュで下りてバスを止めるので大丈夫(笑)




北沢峠にやーっと下りてきましたよー!




最終バスの時刻は15分ほどオーバーしてしまいましたが、この日は過去最高の人出
臨時バスを待つ登山客がまだまだずらーっと並んでおりました。
並びながら斜面でストレッチ(シュールな図)




列が長すぎてバス亭が全然見えません。
結局1時間ほど待って、無事にバスに乗り込むことができました。


案内スタッフさんや運転士さんには非常に親切にしていただき、待たせたことを何度も謝られ、こちらが申し訳ない気持ちになりました。



いえいえ、こちらこそ大勢で押しかけてしまってすみません!!!






この日は仙流荘のお風呂に入る予定だったのですが、登山客でおそらく激混みなのでこちら入野谷さんのお風呂へ

個人的に100回以上お世話になっている入野谷さん、今年8月開催のTJARのチェックポイントなんですよ~!




温泉でさっぱり汗を流したら夕食タイム♪




朝ごはんに引き続き、管理人の清水さんお手製カレー✨
やや辛めで美味しい💗



お客様の差し入れのワイン



サービスのスイカ💛




この日も恐ろしいほど星が綺麗(凄すぎて表現しがたい)で、皆さん星空観察をしたり、我々のマッサージを受けたりと、思い思いに過ごしておりました。



2日目もなんやかやと時間が押してしまい、我々スタッフは体力が残っておらず、またしても車中泊。。。



明日はいよいよ最終日。



最終章へ続く。。